©Keita Kobayashi. 2019

職業、
木こり。

木こりの「りょく」は、木のある暮らしを応援します。

 

特殊伐採の専門家が提案する、
木とともに歩む森の中の暮らし

はじめまして。

木こりの「りょく」です。​

​こんなお悩みはありませんか。

「元気がない木があるが、

 伐ったほうが良いのだろうか」

「屋根に落ちてくる恐れのある、

 大枝を切り落としたい」

「庭に積まれている丸太を、

 なんとかしてほしい」

​「薪ストーブのある暮らしを

 サポートしてほしい」

軽井沢を中心にした東信地域で、

伐採や薪づくりなどの

樹木に関する仕事を通じて、

皆様の生活が少しでも

豊かになるための、

お手伝いをしています。​

樹木に関することなら
何でもお任せください。

 

アーボリスト(樹護士)とは

皆様に知ってほしい、木こりとして生きる、私の願い

アーボリストとは、チェーンソーを抱えながらツリークライミングの技術を使って高い木に登り、樹木管理、樹木の剪定や、危険木の伐採をする人のことです。


​高い木の伐採については、クレーン車を使って伐るという方法もあります。ただし、クレーン車のような重機が通ると、どうしても地面にダメージを与えることになり、若木を潰してしまうことがあります。あるいは、一般家屋の敷地内では、そもそも車が入れないような状況となることもあるかと思います。そういったときにアーボリストの出番となります。

アーボリストが木登りに使う道具は、基本的にロープだけです。そのため、森にダメージを与えることはありません。また、樹の上を自由に動くことで、家屋の近くにあったり、電線にかかっているような、難易度が高い​樹木にも対応することができます。

一方で、時には地上30メートルといった高所にて、身体一つで作業をすることもあり、危険とは常に隣り合わせの、大きなリスクが伴う仕事でもあります。アーボリストは全世界にいますが、どんなに気をつけていても、残念ながら年間で何件かは​死亡事故が発生しています。私も、常に恐怖感と緊張感を持ちながら、日々仕事と向き合っています。

危険な仕事ですが、私が誇りを持ってアーボリストという職業を続けているのは、樹木の管理と森林保護を通じて、信州の豊かな自然を守ることができるからです。自然とともに生きることは、素晴らしいことです。この仕事を通じて、信州の森の美しさ、自然と生きる尊さを、少しでも多くの人と共有できればと願っています。

 

森を熟知する、樹木のプロによるサービス

木こりの「りょく」が提供できるサービスをご紹介します。

 

伐採・特殊伐採

ハシゴではとても届かないような、地上10メートル以上の高さにあるような、枯れ枝の剪定。電線にかかってしまい、倒れると停電の恐れもあるような危険木の伐採。そのような難易度が高い樹木でも、ロープを使った特殊な技術を駆使し、安心・安全に処理します。もちろん、通常の伐採についての依頼も承っております。

樹木管理

樹木管理とは、簡単に言うと、樹木が元気に育つための「木の健康診断」です。お庭にあるシンボルツリーなどは、家族の思い出が詰まっていたりするものです。樹木全体の樹形から枯れた部分の剪定をすることによって、そのような大切な木の生命力を高め、寿命を伸ばすことができます。

薪づくり

伐採をしたあとの丸太の処理にお困りではありませんか。木こりのプロの目で樹木の種類や原木の状態を確認した上で、最適な方法で薪づくりをします。薪ができた後も、広葉樹や針葉樹などの使い分け、焚き方のコツなどをアドバイスし、薪ストーブのある暮らしを応援します。また、アフターサポートとして、煙突掃除などもご相談ください。

原木販売

ご自身で薪割りをしたいという方のために、良質な原木を販売することもできます。また、チェーンソーなどを使った玉切りなどの作業などを請け負う、いわゆる「薪活」の部分的なサポートもしております。他にも薪に関することであれば、お気軽にご相談ください。

ツリークライミング® 体験

主にお子さんがいるご家族を対象として、ロープを使った木登りを体験してもらい、自然の素晴らしさを感じてもらうような活動もしています。直接ふれあって木を感じてもらうことで、何気なく普段眺めていた景色が変わったり、あるいは今まで気づかなかった自分を発見することにつながるかもしれません。

樹木に関するお仕事であれば、これら以外の内容でも、幅広くご相談を承っております。
詳しくは、以下の料金と事例のページをご覧ください。

レビュー

お仕事をさせてもらったお客様の声をご紹介します。

 

軽井沢に土地を買い、家を建てました。建てたのは良いのですが、そのときに伐採した丸太が山ほどあり、途方に暮れていました。りょくさんに相談したところ、薪にしてしまえばいいというアドバイスをいただき、薪割り作業をお願いすることにしました。その後、2年乾燥させましたが、よく燃える良い薪になりました。


その後も、庭木の健康診断、ときには30メートル級の木の伐採もしてもらいました。台風が来たときには、その翌日に、樹木の被害などは大丈夫でしたかと様子を見に来てくれたりもしました。

軽井沢で森ぐらしをする上で、わからないことも多いので、地元を知るりょくさんに助けてもらえるのは大きいです。生活をする上で、大変心強いパートナーだと感じています。

- ​軽井沢町 櫻井様

お問い合わせはこちら